Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート Rules regarding submitting

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

Dr.Web Enterprise Security Suite Control Center Dr.Web Enterprise Security Suite

世界中のどこからでも、インターネット接続があれば、コンピュータやモバイルデバイスを含む様々な端末を使用し、企業ネットワーク内のすべてのホストのエンドポイント・セキュリティを集中管理

Control Centerの維持コストは、シンプルな管理プログラムおよび管理者が世界中のどこからでも、企業内アンチウイルスネットワーク全体を見渡せる事により、最低限に抑えられています。

Windows NAPを使ったソリューションの継続的なインテグレーション、及びあらゆるスクリプト言語でカスタムイベントハンドラを作成できるWebアドミニストレーターが日々のアンチウイルス管理業務からシステム管理者を開放することで、その負担を軽減します。

抜群のスケーラビリティ

Control Centerは、小規模なワークグループネットワークから何万ものホストへのイントラネットまで、その規模や構造の複雑さに関わらず、信頼できる抜群のスケーラビリティを提供いたします。Control Centerは、アンチウイルスサーバー(データを格納するSQLサーバーに接続されています)間およびサーバーと、複雑なコミュニケーションシステムを形成する既にウイルス対策の施されたワークステーション間は、階層別に相互作用しています。

これにより、相互に接続されたワークステーションに対し一つのアンチウイルスのみで、サーバー上のネットワーク全体の情報を収集することが可能です。ネットワークがインターネットに接続されていない、支店を多く持つ企業にとって、階層別に相互作用するControl Centerは、この上ない選択となるでしょう。

幅広いネットワークプロトコル

Control Centerは、保護されるコンピュータとアンチウイルスサーバ間における複数のデータ転送ネットワークプロトコルに対応しているため、様々なネットワークにおいて利用することができます。

システムにおける異なるコンポーネント間のコミュニケーションは、アンチウイルスネットワークのコンポーネント間のコミュニケーションを安全なものにする 為、暗号化することができます。これにより、世界中のどこからでも、どのコンピューターのネットワークからでも、安全に管理することができます。

少ないネットワークトラフィック

他社製品と比べて、Control Centerは通信トラフィックを最小限に抑えることが可能となり、特殊なデータ転送プロトコルによって、クライアントとサーバ間のデータが圧縮されます。

分かりやすい操作性

Dr.Webのアンチウイルスネットワークの操作は、全く意識せずに行うことが出来ます。管理監査ログは、インストールや設定についての記録を 全て録ってくれます。全てのコンポーネントは、その動作を冗長化された別々のログファイルに記録することができ、アンチウイルスソフトウェアによるファイ ルの操作は全て、データ化されます。通知システムが、ネットワーク上で起こった問題を管理者に知らせてくれます。通知は、Webアドミニストレーターが Web上に表示するか、もしくはメールで送られてきます。

さらに

  • カスタムテキストで脅威を通知
  • アンチウイルスネットワーク内に発生する問題について、システム管理者への通知
  • ウイルスの侵入、スキャン結果、ファイルの消去について、webアドミニストレータ又は電子メール経由で通知
  • webアドミニストレータ経由でログの閲覧や、СSV、 HTML、XML、 PDFフォーマットでの統計情報エクスポートが可能
  • カスタム可能なログ
  • 以下の情報の取得
    • 検出されたウイルスをウイルスの活動ごとにグループ化して配置
    • 脆弱性の検出
    • スキャンのエラー
    • 保護されたPCに導入されたアンチウイルスコンポーネント
    • 保護されたコンピューターの異常な動作

特徴

CEO(最高経営責任者)にとってのメリット | CIO(最高情報責任者)にとってのメリット

  • 企業ネットワーク内のすべてのホスト、デバイス及びサービスの集中保護:
    保護されるオブジェクト バージョン10
    ワークステーション、ターミナルサーバー・クライアント、組み込みシステム・クライアント Windows
    macOS
    Linux
    ファイルサーバー、アプリケーションサーバー(ターミナルサーバーを含む) Windows
    Novell NetWare
    macOS Server
    Unix
    Novell Storage Services
    SMTPゲートウェイ及びメールのユーザー Unix
    MS Exchange
    インターネットゲートウェイのユーザ Unix
    モバイルデバイス Android
  • Windows、及びUnixサーバーのプラットフォームをサポート、簡単なインストール手順、競合ソリューションに比べて最小限のTCOを提供できる、信頼性の高い保護
  • 32、及び64ビットオペレーティングシステムをサポート
  • 高い修復成功率を持つエージェントソフトウェアをウイルス感染したシステム上にインストール
  • 最新技術による小型エンジンの搭載で、最小限のネットワーク負荷
  • 場所を問わず、会社の外部からでも、1台のコンピューターから管理できるネットワーク全体の保護インフラストラクチャ(Webアドミニストレーターインターフェイスを通じて)
  • 企業における従業員のグループに対し、個々のセキュリティポリシーを実行
  • Dr.Web Enterprise Security Suiteの管理者は、異なるグループを別々に管理することができ、高度なセキュリティを必要とする企業のみならず、支店を多く持つ企業に最適
  • モバイルやあらゆるワークステーション(例えそれが最新の保護をいつでも取得できる状態になくても)のユーザーを含むあらゆるユーザーに対する、構築可能なセキュリティポリシー
  • ユーザーによる改造に対してソリューションのセッティングを保護
  • リムーバブルデバイス、ローカルネットワークとインターネット内のリソースへのアクセスをブロックすることによって、ユーザーによる意図的な、または不注意な行動を防止すること可能
  • インターネットに接続されていないネットワークの保護
  • 様々なインストール方法-Active Direct Policy、起動スクリプトやビルトインの遠隔インストール手順(例えホストがDr.Web enterprise suiteのサーバーに届かない場所にいてもインストール可能)
  • 殆どの既存データベースを利用することが可能であり、利用できる外部データベースはOracle、 PostgreSQL、 Microsoft SQL Server、ODBC 経由SQL-92に対応するDBMS(データベース管理システム)となります
  • ユーザーがいかなるスクリプト言語で記述したカスタムイベントハンドラでもサポートし、Dr.Web Enterprise Security Suiteの内部インターフェイスへのアクセスが可能
  • Dr.Web Enterprise Security Suiteは、システム管理者が他のデベロッパーの製品にもインストール、及び同期することが出来るオープンソリューションで、これにより情報セキュリティシステム展開のコストを削減
  • 分かりやすい保護制御システムと、ネットワークステーション検索システムの群を抜いた操作性と効率の良さ
  • 更新の為のカスタマイズ可能な製品コンポーネントのリスト、及びバージョンアップグレード管理により、管理者は、ネットワーク上で既にテストされ本当に必要な更新のみを配布することが可能

システム要件

新しいバージョン 11

下記は、Dr.Web Enterprise Security Suite Control Center 11.0 のシステム要件となります。

  • アンチウイルスサーバーが動作するための要件:SSE2をサポートする1.3 GHz以上のCPU搭載、RAMが1GB以上(組み込みデータベースを用いる場合は2GB以上を推奨)、ハードディスク空き容量が12GB以上(組み込みデータベース(インストールフォルダ)に8GB、システムの一時ディレクトリ(作業ファイル)に4GB)。また、サーバー設定によって、一時ファイルを保管するために、追加の容量が必要となる場合があります。例えば、Windows用AgentのインストールパッケージをDr.Web Serverのインストールディレクトリ内のサブディレクトリvar\installers-cacheに保管する場合、パッケージ1つあたり約17MB必要となります。Serverをインストール時に、WindowsシステムディスクまたはUNIX の場合には/var/tmp(ディレクトリがオーバーライドされた場合、他の一時ファイルディレクトリ)に、Serverのインストール先にかかわらず、インストーラーの起動および一時ファイル解凍を実行するために、ゼネラル・ディストリビューションキットに4.3GB以上、エクストラ・ディストリビューションキットに2.5GB以上の容量が必要です。OSはWindows XP/2003/Vista/2008/7/8/2012/10/2016、 Linux (glibc2.12以降)、 FreeBSD (10.0以降)となります。
  • 集中管理インストール・アップデートフォルダのコンテンツを更新サーバーから自動的にダウンロードするために、Dr.Web グローバルアップデートシステムのサーバーへの接続が必要となります。
  • Control Centerが動作するために、Windows Internet Explorer® 11以降、Microsoft Edge 0.10以降、Mozilla® Firefox® 25以降のウェブブラウザーが必要となります。Opera® 10以降、 Safari® 4 以降、Chrome® 30以降のウェブブラウザーを利用することができます。

バージョン 10

  • アンチウイルスサーバーが動作するための要件:Pentium III-667以降のCPU搭載、RAMが1GB以上(組み込みデータベースを用いる場合は2GB以上)、ハードディスク空き容量が12GB以上(組み込みデータベース(インストールフォルダ)に8GB、システムの一時ディレクトリ(作業ファイル)に4GB)。また、クライアント用インストールパッケージ等を保管するために、追加の容量が必要となる場合があります(1パッケージあたり約8.5MBの容量が必要)。OSはWindows XP/2003/Vista/2008/7/8/2012、 Linux (glibc2.13 以降), FreeBSD (8.1以降)、 Solaris ( Intel および Sparcプラットフォーム)となります。
  • 集中管理インストール・アップデートフォルダのコンテンツを更新サーバーから自動的にダウンロードするために、Dr.Webグローバルアップデートシステムのサーバーへの接続が必要となります。
  • Control Centerが動作するために、Windows Internet Explore® 8以降、Mozilla® Firefox® 10.0以降のウェブブラウザーが必要になります。Opera® 10以降、 Safari® 4 以降、 Chrome® 20以降のウェブブラウザーを利用することができます。

その他

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2018

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F