JP RU CN DE EN ES FR JP PL UA

ニュース&イベント | ライセンス センター | サイバー詐欺対策センター | カスタマー | 会社概要

Dr.Web Enterprise Security Suite Control Center

企業ネットワーク内のすべてのホストのエンドポイント・セキュリティを集中管理


Dr.Web Enterprise Security SuiteのControl Center によって、従業員の個人用デバイスを含む、企業のコンピュータ及び機器に対する万全なアンチウイルス保護の構築、及び集中管理が可能になっています。セキュリティ管理者は、世界のどこにいても、インターネットへのアクセスがあればあらゆるコンピュータ又はデバイスから企業ネットワークのアンチウイルス保護システムを管理することができます。

インターネットに接続されたどんなコンピューターのオペレーティングシステムに対しても働き、他のソフトウェアは一切必要ありません。

直感的インタフェースによって、いかなる企業ネットワークに対しても、その規模や構成に関わらず、アンチウイルスネットワークを短時間で展開す ることができます。ネットワークに接続されたコンピューター、及び支店の数、場所、Active Directoryを使えるかどうかは関係ありません。又、アンチウイルスネットワークを展開する際に、管理者に特別なスキルは必要ありません。

Control Centerを使って、管理者は、アンチウイルスネットワークのコンポーネントを、ネット ワーク内部、及びインターネットを通して外部からも操作することができます。又、保護された全てのホストのセキュリティー状態を監視したり、ウイルスの侵 入を通知、それに対する自動的な対処を設定することができます。必要なのは、管理者のコンピューターとアンチウイルスサーバーを繋ぐTCP/IPコネク ションのみです。

管理コストの削減

Control Centerの維持コストは、シンプルな管理プログラム、及び管理者が、世界中のどこからでも、企業内アンチウイルスネットワーク全体を見渡せる事により、最低限に抑えられています。

Windows NAPを使ったソリューションの継続的なインテグレーション、及びあらゆるスクリプト言語でカスタムイベントハンドラを作成できるWebアドミニストレーターが日々のアンチウイルス管理業務からシステム管理者を開放することで、その負担を軽減します。

抜群のスケーラビリティ

Control Centerは、小規模なワークグループネットワークから何万ものホストへのイントラネットまで、その規模や構造の複雑さに関わらず、信頼できる抜群のスケーラビリティを提供いたします。Control Centerは、アンチウイルスサーバー(データを収めるSQLサーバーに接続されています)間、及びサーバーと、複雑なコミュニケーションシステムを形成する既にウイルス対策の施されたワークステーション間は、階層別に相互作用しています。

これにより、相互に接続されたワークステーションに対し一つのアンチウイルスのみで、サーバー上のネットワーク全体の情報を収集することが可能です。ネットワークがインターネットに接続されていない、支店を多く持つ企業にとって、階層別に相互作用するControl Centerは、この上ない選択となるでしょう。

幅広いネットワークプロトコル

Control Centerは、保護されるコンピュータとアンチウイルスサーバ間における複数のデータ転送ネットワークプロトコルに対応しているため、様々なネットワークにおいて利用することができます。

システムにおける異なるコンポーネント間のコミュニケーションは、アンチウイルスネットワークのコンポーネント間のコミュニケーションを安全なものにする 為、暗号化することができます。これにより、世界中のどこからでも、どのコンピューターのネットワークからでも、安全に管理することができます。

少ないネットワークトラフィック

他社製品と比べて、Control Centerは通信トラフィックを最小限に抑えることが可能となり、特殊なデータ転送プロトコルによって、クライアントとサーバ間のデータが圧縮されます。

分かりやすい操作性

Dr.Webのアンチウイルスネットワークの操作は、全く意識せずに行うことが出来ます。管理監査ログは、インストールや設定についての記録を 全て録ってくれます。全てのコンポーネントは、その動作を冗長化された別々のログファイルに記録することができ、アンチウイルスソフトウェアによるファイ ルの操作は全て、データ化されます。通知システムが、ネットワーク上で起こった問題を管理者に知らせてくれます。通知は、Webアドミニストレーターが Web上に表示するか、もしくはメールで送られてきます。

通知システムにより、管理者は以下の機能を利用できます。

  • カスタムテキストで脅威を通知
  • ウイルスの侵入、スキャン結果、ファイルの消去についての通知
  • webアドミニストレータ経由でログの閲覧や、СSV、 HTML、XML、 PDFフォーマットでの統計情報エクスポートが可能
  • カスタム可能なログの冗長性
  • 以下の情報の取得
    • 検出されたウイルスをウイルスの活動ごとにグループ化して配置
    • 脆弱性の検出
    • スキャンのエラー
    • 保護されたPCに導入されたアンチウイルスコンポーネント
    • 保護されたコンピューターの異常な動作

CEO(最高経営責任者)にとってのメリット CIO(最高情報責任者)にとってのメリット

CEO(最高経営責任者)にとってのメリット CIO(最高情報責任者)にとってのメリット

Dr.Web Enterprise Security Suite Control Centerの主な機能

  • 企業ネットワーク内のすべてのホスト、デバイス及びサービスの集中保護:
    保護されるオブジェクト バージョン6 バージョン10
    ワークステーション、ターミナルサーバー・クライアント、組み込みシステム・クライアント Windows
    OS X
    Linux
    Windows
    OS X
    Linux
    ファイルサーバー、アプリケーションサーバー(ターミナルサーバーを含む) Windows
    Novell NetWare
    OS X Server
    Unix
    Novell Storage Services
    Windows
    Novell NetWare
    OS X Server
    Unix
    Novell Storage Services
    SMTPゲートウェイ及びメールのユーザー Unix
    MS Exchange
    Lotus (Windows/Linux)
    Kerio (Windows/Linux)
    Unix
    MS Exchange
    インターネットゲートウェイのユーザ Kerio
    Unix
    Unix
    モバイルデバイス Windows Mobile
    Android
    Android
  • Windows、及びUnixサーバーのプラットフォームをサポート、簡単なインストール手順、競合ソリューションに比べて最小限のTCOを提供できる、信頼性の高い保護
  • 32、及び64ビットオペレーティングシステムをサポート
  • 高い修復成功率を持つエージェントソフトウェアをウイルス感染したシステム上にインストール
  • 最新技術による小型エンジンの搭載で、最小限のネットワーク負荷
  • 場所を問わず、会社の外部からでも、1台のコンピューターから管理できるネットワーク全体の保護インフラストラクチャ(Webアドミニストレーターインターフェイスを通じて)
  • 企業における従業員のグループに対し、個々のセキュリティポリシーを実行
  • Dr.Web Enterprise Security Suiteの管理者は、異なるグループを別々に管理することができ、高度なセキュリティを必要とする企業のみならず、支店を多く持つ企業に最適
  • モバイルやあらゆるワークステーション(例えそれが最新の保護をいつでも取得できる状態になくても)のユーザーを含むあらゆるユーザーに対する、構築可能なセキュリティポリシー
  • ユーザーによる改造に対してソリューションのセッティングを保護
  • リムーバブルデバイス、ローカルネットワークとインターネット内のリソースへのアクセスをブロックすることによって、ユーザーによる意図的な、または不注意な行動を防止すること可能
  • インターネットに接続されていないネットワークの保護
  • 様々なインストール方法-Active Direct Policy、起動スクリプトやビルトインの遠隔インストール手順(例えホストがDr.Web enterprise suiteのサーバーに届かない場所にいてもインストール可能)
  • 殆どの既存データベースを利用することが可能であり、利用できる外部データベースはOracle、 PostgreSQL、 Microsoft SQL Server、ODBC 経由SQL-92に対応するDBMS(データベース管理システム)となります
  • ユーザーがいかなるスクリプト言語で記述したカスタムイベントハンドラでもサポートし、Dr.Web Enterprise Security Suiteの内部インターフェイスへのアクセスが可能
  • Dr.Web Enterprise Security Suiteは、システム管理者が他のデベロッパーの製品にもインストール、及び同期することが出来るオープンソリューションで、これにより情報セキュリティシステム展開のコストを削減
  • 分かりやすい保護制御システムと、ネットワークステーション検索システムの群を抜いた操作性と効率の良さ
  • 更新の為のカスタマイズ可能な製品コンポーネントのリスト、及びバージョンアップグレード管理により、管理者は、ネットワーク上で既にテストされ本当に必要な更新のみを配布することが可能

CEO(最高経営責任者)にとってのメリット CIO(最高情報責任者)にとってのメリット

Webアドミニストレーター

Webアドミニストレーターは、Control Centerのコンポーネントで、インストールは必要ありません。システム管理者はどのコンピューターからでもアンチウイルスサービスの操作を管理することができるので、問題をタイムリーに解決できます。

Webアドミニストレーターは、いつでもどこからでも利用でき、各地に散らばった数千にも及ぶワークステーションや、シングルグラフィカルイン ターフェイスを介したメールサーバーのアンチウイルス対策を管理することができる、ビジュアルリモート管理ツールです。ほとんどのOSのコンピューターに お使いいただけます。ユーザーにとって使いやすいインターフェイスで、保護されたネットワーク全体を簡単に管理できます。

低コストな管理
軽快な動作のアンチウイルスネットワーク環境を簡単に管理することができます。管理者の効率は上がり、管理ルーティンは最適化され、毎日 必要な作業は数分で済みます。お使いのアンチウイルスサーバー、及び保護された対象のキーパラメータを調整し、作業を開始するだけでいいのです。
脅威に対する迅速な反応
定期的なスキャンと更新スケジュールツールで、アンチウイルスネットワークの管理は簡単になります。情報を収集、分析する様々なツールに より、ネットワーク上の保護された対象の状態を管理、発生した脅威を瞬時に検出、感染源を特定、企業のセキュリティポリシーを状況に応じて調整することが できます。
ネットワークセキュリティを完全に管理
アンチウイルスネットワークのいかなるコンポーネントをも構築することができます。そして何よりも、管理者は移動することなく、その場に居ながらにしてアンチウイルスサーバー、及びあらゆるグループのエージェントを管理することができるのです。
ワンクリックで統計
統計処理機能により、必要な期間のレポートをカスタマイズされた冗長性で作成し、その情報を外部のファイルへ転送できます。
瞬時に通知
メッセージインターフェイスにより管理者は、送りたいユーザー、或いはグループユーザーのみにメッセージを送ることができます。ユーザー のパソコンがインターネットに接続されていれば、即座にメッセージを受け取ることができます。例え接続されていなかったとしても、インターネットを繋ぐと すぐにメッセージが届きます。メッセージツールの役割は以下の通りです。
  • ユーザーに感染の拡大を警告し、システムが感染した場合の対策を通知
  • テクニカルメッセージの送信
  • グリーティングメッセージの送信
NEW!iPhone/iPad(iOS)対応モバイルコントロールセンター

モバイルコントロールセンターにより、アンチウイルスネットワーク管理者は、モバイルデバイスを介して、ネットワークのセキュリティ状態を監視することができます。

モバイルコントロールセンターをApp Storeからダウンロードし、iPhone上にインストールすることができます。インストールが完了すると、管理者はネットワーク内の端末検索、ウイルスに関する統計データの閲覧、通知送信を行うことができます。オフィスが地理的に離れていたり、社員が在宅勤務したりする場合、端末検索機能が役に立ちます。

  • アンチウイルスネットワークのセキュリティ状態を常駐監視
    モバイルコントロールセンターの導入によって、「BYOD」コンセプトを実現可能にしました。Dr.Webに保護されるネットワークの環境が動的に変化しつつある中、管理者はどこにいても、いつでも、モバイルデバイス経由での管理を行うことができます。又、モバイルコントロールセンターを使うと、システム管理者の業務効率がアップし、ウイルスインシデントへの対応がより早くなります。
  • 脅威への迅速な対応
    モバイルコントロールセンターに含まれるネットワーク管理ツールによって、アンチウイルスネットワーク管理者の業務がより容易になり、ワンクリックで統計情報を収集することができます。統計処理ツールを使うことで、保護するオブジェクトとネットワーク全体のセキュリティ状態の管理、ウイルス進入と犯罪者による攻撃への迅速な対応、感染源の特定、刻々と変化しつつある状況の中で、企業セキュリティのルールを早急に適用することが可能となります。
screen screen
screen screen
screen screen
screen screen
NEW! Dr.Web Mobile Control Center for Android

Dr.Web Mobile Control Center for Androidによって、Dr.Web Enterprise Security Suite あるいはDr.Web AV-Deskのアンチウイルスネットワークのセキュリティを、Dr.Web のWebアドミニストレーターの使用不可能なモバイルデバイスを介して、管理することができます。

Google PlayストアからDr.Web Mobile Control Center for Androidをダウンロードし、Android搭載スマートフォン及びタブレット型PC上にインストールすることができます。インストールが完了すると、管理者はネットワーク内の端末検索、ウイルスに関する統計データの閲覧、通知送信を行うことができます。オフィスが地理的に離れていたり、社員が在宅勤務したりする場合、保護される端末の位置検索機能が役に立ちます

  • アンチウイルスネットワークのセキュリティ状態を常駐監視

    Dr.Web Mobile Control Center for Androidの導入によって、「BYOD」コンセプトの実現可能にしました。Dr.Webに保護されるネットワークの環境が動的に変化しつつある中、管理者はどこにいても、いつでもモバイルデバイス経由での管理を行うことができます。また、同モバイルコントロールセンターを使うと、アンチウイルスネットワークとの新規端末の迅速な接続、各端末セキュリティ設定の管理、問題が発生した端末の検出ができることによって、システム管理者の業務効率がアップし、ウイルスインシデントへの対応がより早くなります。

    エンコーダ型トロイの木馬による脅威への迅速な対応が極めて重要なものです!

    Dr.Web Mobile Control Center for Androidにてカスタム操作リストを作成することによって、ほぼワンクリックでアンチウイルスセキュリティを管理できます。

  • 脅威への迅速な対応

    Dr.Web Mobile Control Center for Androidに含まれるネットワーク管理ツールによって、アンチウイルスネットワーク管理者の業務がより簡略化されます。統計情報及びセキュリティ通知を分析することに より、保護するオブジェクトとネットワーク全体のセキュリティ状態の管理、ウイルス進入と犯罪者による攻撃への迅速な対応、感染源の特定、刻々と変化しつつある状況の中で、企業セキュリティのルールを早急に適用することが可能となります。

    同モバイルコントロールセンターを使うと、保護するネットワークのウイルススキャンを行うほか、個別の端末、あるいは指定したグループ内の全端末にある隔離ファイルの管理、最新の脅威に対する防止対策に必要なアップデートのダウンロードをすることができます。

    screen screen
    screen screen
アンチウイルスサーバー

Dr.Web Enterprise Security Suiteに含まれるControl Centerは、アンチウイルスネットワークの集中管理を促進(アンチウイルスネットワークの展開、ウイルスデータベースとパッケージプログラムモジュラーの更新、ネットワーク保護の状態を監視、ウイルス侵入の通知、統計処理を含む)するアンチウイルスサーバーに接続されます。個々の製品の集中管理に関する全ての機能の詳細は、それぞれの製品のControl Centerタブ内をご覧ください。

展開
アンチウイルスサーバーは、ローカルネットワークに接続されたコンピューターにインストールできま す。異なるOSに対するアンチウイルスパッケージの配布ファイル、ウイルスデータベース、及びパッケージプログラムモジュールの更新、ユーザーのキーファ イル、保護する対象の設定が保存されています。又、エージェントのリクエストに応じて情報をそれぞれのコンピューターに送ることができます。
更新
アンチウイルスサーバーは、ウイルスデータベース、及びエージェントコンポーネントを取り込みます。これにより、アンチウイルスソフトウェアのインターネットトラフィックを軽減し、自動的に更新ルーチンを設定します。
統計処理
アンチウイルスサーバーには、ネットワーク上のそれぞれのエージェントの設定や、データベース内にあ る保護されたコンピューターそれぞれのアンチウイルスコンポーネントからのスキャン統計が保存されています。データを保存する際、サーバーはビルトイン データベースと外部データベース両方を利用することができます。
アンチウイルスエージェント

アンチウイルスエージェントは、ワークステーション、ファイルサーバー、メールシステム、モバイルデバイス、必要に応じてアンチウイルスサーバーが導入されたコンピューターにインストールされています。アンチウイルスエージェントは、レポートやその他の関連する情報をアンチウイルスサーバーへ送信します

Dr.Web Enterprise Security Suiteアンチウイルスエージェントにより、以下のアンチウイルス製品を集中管理できます:

保護されるオブジェクト バージョン6 バージョン10
ワークステーション、ターミナルサーバー・クライアント、組み込みシステム・クライアント Windows
OS X
Linux
Windows
OS X
Linux
ファイルサーバー、アプリケーションサーバー(ターミナルサーバーを含む) Windows
Novell NetWare
OS X Server
Unix
Novell Storage Services
Windows
Novell NetWare
OS X Server
Unix
Novell Storage Services
SMTPゲートウェイ及びメールのユーザー Unix
MS Exchange
Lotus (Windows/Linux)
Kerio (Windows/Linux)
Unix
MS Exchange
インターネットゲートウェイのユーザ Kerio
Unix
Unix
モバイルデバイス Windows Mobile
Android
Android

アンチウイルスエージェントは、Doctor Webのアンチウイルス製品、及びソリューションと同じく効率的です。Windowsワークステーションを保護するエージェントは、スキャナー、 SpIDer Guard、SpIDer Mail、SpIDer Gate、セルフプロテクション、オフィスコントロール等のコンポーネントを備えています。

Windowsワークステーション保護のその他の特徴

  1. スキャナーは、Windowsに対するアンチウイルスエージェントの為に、特別にデザインされた新しいコンポーネントです。これにより管理者は、スキャンされるコンピューターの動作を妨げることなく、遠隔からスキャンを行うことができます。
  2. モバイルモードは、アンチウイルスエージェントが長い間アンチウイルスネットワークに繋がっていなかったノート型パソコン上でも働きます。出張などに行かれても、アンチウイルスは更新され、パソコンは保護されたままです。

CEO(最高経営責任者)にとってのメリット CIO(最高情報責任者)にとってのメリット

システム要件

Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0 Control Centerのセットアップ要件:

  • アンチウイルスネットワーク内のコンピュータが、アンチウイルスサーバ若しくはDr.Webプロキシサーバに接続するために、インターネットへのアクセスが必要であるか、同サーバが所属する同じのネットワーク内に入るべきです
  • インストール先となるすべてのコンピュータ上にそれぞれのアンチウイルスコンポーネントが正常に動作するために以下のポートを開く必要があります:
    • アンチウイルスコンポーネントとサーバ間の接続のためにTCP 及びUDPプロトコル対応ポート2193
    • ネットワークのスキャナーが動作するために、UDPプロトコル対応 ポート2193
    • ネットワークインストーラーが動作するために、TCP 及び UDP対応ポート 139 及び445
    • Control Centerが動作するためにHTTPプロトコル対応ポート9080
    • Control Centerが動作するためにHTTPSプロトコル対応ポート9081
    • サーバのリモート検査ユーティリティが動作するためにポート10101
  • アンチウイルスサーバが動作するための要件:SSE2をサポートする1,3 GHz以上のCPU搭載、RAMが1GB以上(2GB以上を推奨)、ハードディスク空き容量が12GB以上(インストールフォルダに8GB、システムの一時ディレクトリに4GB)。また、クライアント用インストールパッケージ等を保管するために、追加の容量が必要となる場合があります。OSはWindows 10/8/7/Vista/XP、Windows Server 2012/2008/2003、Linux (glibc2.13 以降)、 FreeBSD (8.1 以降)、 Solaris ( Intel 及び Sparcプラットフォーム)
  • 集中管理インストール・アップデートフォルダのコンテンツを更新サーバから自動的にダウンロードするために、Dr.Webグローバルアップデートシステムのサーバへの接続が必要になります
  • Control Centerが動作するために、Windows Internet Explore® 8以降、又は Mozilla® Firefox® 25以降のウェブブラウザーが必要になります。Opera® 10以降、 Safari® 4 以降、又は Chrome® 30以降のウェブブラウザーを利用することができます

重要!保護されるネットワーク内のワークステーション上には、他のアンチウイルスソフトウェア(異なるDr.Webバージョンを含む)がインストールされないように注意してください。

Dr.Web Enterprise Security SuiteのControl Center経由で管理される製品のシステム要件について、該当製品ページに掲載されます。

Dr.Web Enterprise Security Suite v.6 Control Centerのセットアップ要件:

  • IPプロトコル(IPv6を含む)対応 ローカルネットワーク、 IPX又は NetBIOS (すべての保護されるコンピュータとアンチウイルスサーバが同ネットワーク内に配置しなければなりません)。インストール先となるすべてのコンピュータ上にそれぞれのアンチウイルスコンポーネントが正常に動作するために以下のことを行う必要があります:
    • アンチウイルスコンポーネントのサーバ間の接続のためにTCP 及びUDPプロトコル対応ポート2193, 2371を開きます
    • アンチウイルスコンポーネントのサーバ間の接続のためにIPX/SPXプロトコル対応ソケット 2371を使用します
    • ネットワークのスキャナーが動作するために、UDPプロトコル対応 ポート2193 及び2372を開きます
    • ネットワークインストーラーが動作するために、TCP 及び UDP対応 139 及び445を開きます
    • ウェブ管理者のためにHTTP 対応9080を開きます
    • ウェブ管理者のためにHTTPSプロトコル対応 9081 を開きます
  • アンチウイルスサーバが動作するための要件:Pentium III-667以降のCPU搭載、RAMが512 MB以上(組み込みデータベースを用いる場合は1GB以上が必要)、ハードディスク空き容量が12GB以上(インストールフォルダに8GB、システムの一時ディレクトリに4GB)。OSはWindows8/7/Vista/XP/2000、Windows Server 2012/2008/2003/2000、Linux (glibc2.3 以降)、 FreeBSD (7.3 以降)、 Solaris ( Intel 及び Sparcプラットフォーム)
  • 集中管理インストール・アップデートフォルダのコンテンツを更新サーバから自動的にダウンロードするために、Dr.Webグローバルアップデートシステムのサーバへの接続が必要になります
  • ウェブ管理者とサーバ間の接続がTCP/IPプロトコルを使用するものではけれななりません
  • あらゆるインターネットブラウザがウェブ管理者に必要となります

重要!Windows対応アンチウイルスサーバをセットアップするには、MS Installer 2.0がコンピュータのシステムソフトウェアに組み込まれる必要があります。このプログラムは、Windows 2000 SP3以降に組み込まれています。Windows 2000以前のバージョンのWindows OSが利用される場合、MS Installer 2.0を事前にダウンロードし、インストールする必要があります。

以下のディストリビューションファイルを使用して、プログラムの正常な動作をテストしました:ALT Linux、 ASP Linux、Debian、 Fedora、 openSUSE、 RedHat、 Suse Linux、 Ubuntu。

重要!保護されるネットワーク内のワークステーション上には、他のアンチウイルスソフトウェア(異なるDr.Webバージョンを含む)がインストールされないように注意してください。

Dr.Web Enterprise Security SuiteのControl Center経由で管理される製品のシステム要件について、該当製品ページに掲載されます。

CEO(最高経営責任者)にとってのメリット CIO(最高情報責任者)にとってのメリット

バージョン6

バージョン10

資料

教育

Dr.Webテクノロジについて

サービス

Dr.Web Enterprise Security Suite

バージョン10

トライアル バー ジョン10のダウン ロード 購 入