Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

Dr.Web Server Security Suite Dr.Web Server Security Suite

下記のオブジェクトを保護します

  • ファイルサーバー
  • アプリケーションサーバー(ターミナルサーバーおよび仮想サーバーを含む)

ライセンス | 30日間トライアル | Dr.Web LiveDemo | My Dr.Web

新しいバージョン11.1 28.02.2019

UNIXメールサーバー、ファイルサーバー、インターネットゲートウェイおよびLinuxワークステーション向け

新機能 | リリースのニュース

Dr.Web Server Security Suiteの製品

Control Centerのライセンスは無料です。 詳細

Windows Server

詳細

macOS Server

詳細

Unix (Samba)

詳細

Novell NetWare

詳細

Novell Srorage Services

詳細

システム要件については、マニュアルをご参照ください。

オンラインで購入 パートナーから購入

ファイルサーバー保護の必要性について、 さらに詳しく知りたい方は、こちら

脅威

サーバー、モバイルデバイス、従業員の家庭用PCを保護せずに、事務用PCだけに対しセキュリティ対策を施す企業が多いです。その結果、ワークステーションに潜んでいるウイルスは重要なデータが保管されるサーバーにも進入しかねない状況になっています。

サーバーの保護は、なぜ必要ですか?

未知の亜種

感染が発生する時点でまだウイルスデータベースには追加されていないウイルスをサーバー上に持ち込む場合があります。システムにインストールされているアンチウイルスは、ヒューリスティック手法を用いてこうしたウイルスを検出する、または次回の更新時にウイルス感染の修復を行います。

不正アクセス

ハッカーがサーバーに不正アクセスする危険性が存在しますが、それを防止するためにアンチウイルスはマルウェアを検出・駆除します。さらに、サーバーを集中管理されれば、システム管理者はステーション状態の変更についてのメッセージを受けとれます(例えば、保護システムの停止が試みられた場合)。

リムーバブルデバイス

事務所だけでなく、家庭でも仕事をするユーザーがいます。その場合、企業ファイルサーバーのほかにも、インターネットのサーバーにてデータを保存し、知り合いの人や同僚たちからもらったフラッシュディスクを使うことが普通で、ウイルスの危険に晒されることは言うまでもありません。

モバイルデバイス

現在、スマートフォンは、ウイルスに感染する可能性がある動作環境やアプリケーションを搭載するため、コンピュータと同様なセキュリティホールを抱えています。従って、モバイルデバイスに埋め込まれるウイルスは企業ネットーワークを経由でサーバーに進入するリスクが存在します。

ソリューション

Dr.Web Control Center は、ファイルサーバーの台数を問わずに、Windows、 macOS、 Unix (Samba)、 Novell NetWare、 Novell Storage Services対応ファイルサーバー向けアンチウイルス保護システムの集中管理を可能にします。

オンラインで購入 パートナーから購入

このようなことはご存知ですか?

  • Windows対応ワークステーション/サーバー向け暗号化ランサムウェア保護対策
  • ウイルス関連インシデントが発生した場合の適当な対応方法

上記のことについて、次のトレーニングコースから学べます

アンチウイルスの選択基準は?

アンチウイルスの選択基準は?

アンチウイルス保護対策の選択基準について

この冊子では、企業ネットワークの主な感染経路およびその防止対策、企業向けアンチウイルス保護対策の要件、およびアンチウイルス保護対策の選択基準をご紹介いたします。

冊子のダウンロード

割引を適用し、是非、Dr.Webへの移行をご検討ください

2年間の保護を1年の価格で

1年間の保護をご利用する場合、50%割引を取得

Dr.Webへの移行

他のディスカウント

ライセンスについて

まだDr.Webへの移行をされていない方へ

ご利用のアンチウイルスを補完するネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!の試用をご検討ください!

  • Dr.Web CureNet! とは、他ベンダーのアンチウイルスソフトウェアが動作しているあらゆる規模のネットワークを含めて、ローカルエリアネットワーク内のWindows 搭載ワークステーション及びサーバをスキャン、修復する集中管理ツールです。
  • Windowsおよび iOS対応デバイスからスキャンを管理できます
  • 本製品は、ローカルネットワークやコンピュータを守る常駐監視保護機能は備えていません

システム要件 | ユーティリティの説明

リクエストの送信

無料10日トライアル※修復機能は利用できません。

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F