JP RU CN DE EN ES FR PL UA

ニュース&イベント | ライセンス センター | サイバー詐欺対策センター | カスタマー | 会社概要

Dr.Web for Windows

ワークステーションおよびクライアント(ターミナルサーバー、仮想サーバー、組み込みシステム)の保護

New version!

Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0


Dr.Web for Windowsは、既存の脅威から確実に保護します。その卓越した修復とself-protection機能により、ウイルスやその他のマルウェアが保護された環境に侵入する可能性はありません。ファイアウォールとOffice Control(包括的保護ライセンスでのみ利用可能)により、ウイルスがオペレーティングシステムやアプリケーションの脆弱性を悪用するのを防ぎ、インストールされたプログラムを操作できるようにします。

Version 6

  • CPU : Intel® Pentium® IV 1.6 GHz
  • メモリ : 512MB以上
  • ディスク : 250MB以上
  • OS : Windows 98/ME/NT4/2000/XP/2003/Vista/2008/7/8/2012 (32bitおよび64bit)

データシート(PDF)

Version 10

  • CPU : Intel® Pentium® IV 1.6 GHz
  • メモリ : 512MB以上
  • ディスク : 330MB以上
  • OS : Windows XP/2003/Vista/2008/7/8/2012/10 (32bitおよび64bit)

    ※ Windows XP/2003は32bitのみサポート

データシート(PDF) | 新機能 | リリースノート(英語)

ライセンスオプション

Comprehensive protection (包括的保護)

  • Anti-virus
  • Anti-spam
  • SpIDer Gate®
  • Office Control
  • データ損失防止
  • Dr.Web Cloud
  • Firewall

Anti-virus

  • Anti-virus
  • Firewall

Dr.Web KATANA

  • 予防的保護
  • Dr.Web Cloud

詳細

保護コンポーネントとサービスの詳細 | Dr.Web製品のライセンス

エージェントの設定を集中管理

Dr.Web Enterprise Security Suite Control Centerを使用すると、次のことが可能になります。

  • 各企業固有のニーズに応じた、セキュリティポリシーを実現することが可能となり、その際、各ワークステーションに対して個別にセキュリティ設定を行う必要はありません。
  • セキュリティレベルの低下を避けるため、従業員によるアンチウイルス機能又はアンチウイルス機能における重要なセキュリティコンポーネントの勝手な無効化を不可能にすることが出来ます。
  • アンチウイルスのエージェントは、管理者が指定した設定で動作します。
  • 管理者によるコマンド若しくはスケジュールによって、ステーションの定期的なスキャンの実行、及びリモートによるスキャンの実施が可能。
  • エージェントが定期的にアップデートされ、このアップデートを無効化にすることができないように、管理することが出来ます。
  • アンチウイルスに関するデータ収集・分析、及び一定期間を対象とするレポートを作成します。
  • アンチウイルスの状態について、管理者とユーザーに通知します。
  • ウイルス感染が発生した際に迅速に対応することが可能となり、ネットワーク感染によるリスクの軽減、職場でのタイムロス、データ損失、インターネット接続の切断、ビジネスパートナーの感染などによる損害の低下につながります。

セキュリティポリシーの集中管理

システム管理者は、個別のユーザー、ユーザーのグループ、またはユーザーグループ全体に対して、エージェント管理権限を以下のように許可したり、制限をかけることができます。

  • ユーザーが独自に設定を変更することを許可します。
  • ユーザーによる設定変更を制限します。
  • ユーザーによる設定変更を禁止します。
  • コンピュータ上にインストールされているDr.Webのコンポーネントを管理します。
  • コンピュータ上でジョブを開始します。
  • 長期間に渡りアップデートされなかったエージェントの強制的なアップデートを行います。
  • コンピュータ上で強制的にバックグラウンドスキャンを実行します。

ネットワークインストール(リモートインストール)

  • アンチウイルスがインストールされていないローカルネットワーク内のコンピュータを検出します。
  • 保護されていないコンピュータ上にDr.Webをリモートでインストールすることが可能です。(Active Directory経由でも可能)
  • ネットワークスキャナーは、ローカルネットワーク内のコンピュータをIPアドレスで検索し、アンチウイルスソフトウェアがインストールされているコンピュータを判別可能な階層的なリストを作成します。

ウイルスデータベース及びプログラムモジュールの定期的なアップデート

Dr.Web Enterprise Security Suite のControl Center(集中管理ツール)は、従業員がクリティカルなアップデートを無視すること、ローカルネットワーク内に感染が発生したり、ネットワーク外に拡大したりすることを防止します。他のDr.Web Enterprise Security Suiteオプション:

  • 保護されたワークステーション上でのDr.Webコンポーネントの更新を、負荷分散のため、異なる間隔で実施するように設定できます。
  • ウイルスデータベースおよびワークステーションの状態のモニタリングを行うことができます。
  • 1つのワークステーションに適用したアップデートの設定を他のワークステーション、又はグループ全体に適用することが可能です。
  • 在宅勤務者などが利用するワークステーションのセキュリティをモバイルモードで確保できます。

ワークステーションの定期的なスキャン

Dr.Web Enterprise Security SuiteのControl Centerにより、定期的なスキャンのセキュリティポリシーを集中管理できます。

  • ユーザーエクスペリエンスを妨げずにリモートホスト上でスキャンの開始/停止ができます。
  • スキャンパスの指定ができます。
  • グループやワークステーション単位でスキャンスケジュールを設定できます。従業員にとって都合の良い時間にシステムのスキャンを実施できます。

ネットワークやリムーバブルデバイスへのアクセス制限

Dr.Web Control Centerによる集中管理でリムーバブルデバイス(外部メディア)へのアクセスを制限することができます。

Dr.Web Office Controlによって、次のことが可能になります。

  • 従業員がアクセス可能なローカルネットワーク上のファイルとフォルダを指定し、指定されていないファイルやフォルダへのアクセスを禁止する事ができます。 これにより、犯罪者やインサイダー(機密情報へのアクセスをしようとする従業員)
  • によるデータや機密情報の意図的または不注意による破損や削除、盗難を防止します。
  • Webサイトやリムーバブルデバイスへのアクセスを制限または禁止することにより、これらの経路からのウイルスの侵入を防止することができます。

Dr.Web Enterprise Security Suite — 1台のControl Centerからエンドポイントセキュリティを管理

The Dr.Web Control Centerは無料でご利用できます。

様々なOSが動作する様々なPCの、様々なブラウザからアンチウイルスセキュリティシステムを管理できます。

Mobile Control Center (iOS / Android)


Dr.Web Enterprise Security Suite Control Centerのメリット

パンフレット

Dr.Web Enterprise Security
Suite

You have what to protect? We have Dr.Web!
ダウンロード(PDF)

BYOD or not?
 

BYOD: A reference for employees
ダウンロード(PDF)

その他

製品

SMB向けバンドル

アンチウイルスサービス

修復ユーティリティ

ITサービスプロバイダー向け

サービス