JP RU CN DE EN ES FR PL UA

ニュース&イベント | ライセンス センター | サイバー詐欺対策センター | カスタマー | 会社概要

Dr.Web for Windows Servers

Windows Serverのアンチウィルス保護

Dr.Web for Windows Serverは、既存の脅威から確実に保護します。その卓越した修復とself-protection機能により、ウイルスやその他のマルウェアが保護された環境に侵入する可能性はありません。

システム要件

  • Windows 2003/2008 (32bit)
  • Windows 2008/2008R2/2012/2012R2 (64bit)

利点

  • Dr.Web をインストールすることで脅威が駆除されます。
  • Dr.Web に保護されるLAN上の任意のコンピュータから、ファイルサーバ及びワークステーションの保護をリモート管理できます。その際にDr.Web Enterprise Security Suite のControl Centerをインストールする必要はありません。
  • Active Directoryのポリシー及びLogin Scriptを使用して、リモートインストールを一括で実施することができます。
  • マルチスレッドスキャンによって検査時間を著しく短縮。
  • システムへの負荷が軽減され、ハードウェア性能にも配慮しています。負荷が最大量に達しても、ファイルサーバーのパフォーマンスに大きな影響を与えず安定した操作性を提供。
  • 読み取り用に開かれたファイルに適用される遅延スキャンテクノロジーによって、ファイルシステム負荷を軽減。
  • 通知システムは通知を頻繁に表示させることはありません。*
  • バックグラウンドスキャンによって、検出
  • 駆除に抵抗するアクティブな未知の脅威を駆除可能。
  • クリティカルなWindowsオブジェクトの改変をブロックし、安全ではない操作を制限することによって、未知の脅威から保護。*
  • クラウド型プロテクションサブシステムDr.Web Cloudによって最新脅威に瞬時対応が可能。*
  • 障害、マルウェア、不注意な変更によるOSカーネルとそのモジュールを保護します。
  • 不注意、もしくは故意の行為によってプロダクトが破損された場合に、プロダクトを復元。
  • ユーザー、システム、及びアプリケーションがオブジェクトにアクセスする度にスキャンを起動。
  • OSのブート時に自動的に起動。
  • アンチウイルススキャン、及び更新ユーティリティーを自動、手動、あるいはタスクスケジューラを使用して実行可能。
  • RAM、HDD、CD、ネットワークドライブ、フォルダ、ファイル、メールファイル、及びブートレコードをスキャン。
  • あらゆるネスティングレベル、及び圧縮ファイル内にあるアーカイブのウイルスを検出。
  • 悪意のあるオブジェクトへのアクセスのブロックが可能。
  • ウイルス脅威の検出と同時にコンピューターとファイルサーバーの接続を切断し、ユーザーに通知。

* Windows Server 2008以降のバージョンにのみ対応

New in version 11

Dr.Web Enterprise Security Suite — 1台のControl Centerからエンドポイントセキュリティを管理

The Dr.Web Control Centerは無料でご利用できます。

様々なOSが動作する様々なPCの、様々なブラウザからアンチウイルスセキュリティシステムを管理できます。

Mobile Control Center (iOS / Android)


Dr.Web Enterprise Security Suite Control Centerのメリット

パンフレット

Dr.Web Enterprise Security
Suite

You have what to protect? We have Dr.Web!
ダウンロード(PDF)

BYOD or not?
 

BYOD: A reference for employees
ダウンロード(PDF)

その他

製品

SMB向けバンドル

アンチウイルスサービス

修復ユーティリティ

ITサービスプロバイダー向け

サービス