JP RU CN DE EN ES FR PL UA

ニュース&イベント | ライセンス センター | サイバー詐欺対策センター | カスタマー | 会社概要

Dr.Webコンソールスキャナ

Dr.Webコンソールスキャナは、MS-DOS、OS/2、Windowsの各オペレーティングシステムで使用できます。これらは、コマンドラインに精通した高度なユーザーにとって、コストを節約するソリューションです。

コンソールスキャナは、すべてのDr.Webソリューションと同じDr.Webウイルスデータベースとサーチモジュールを使用し、1時間に1回または数回更新されます。 ウイルス、スパイウェア、アドウェア、リスクウェア、ダイヤラー、ジョークプログラムなどからコンピュータを保護します。

ウイルスに対する優れた耐性

Dr.Webのウイルスに対する驚異的なな耐性と、感染したPCにもインストール可能である点は、競合製品と一線を画します。Dr.Webスキャナは、CDやUSBフラッシュドライブなどからインストールせずに実行することもできます。

リソースの消費が少ないアンチウィルス

Dr.Webコンソールスキャナは、システム要件が非常に低く、古いコンピュータに対しても信頼性の高いウイルス対策を提供します。


CEO(最高経営責任者)にとってのメリット CIO(最高情報責任者)にとってのメリット

CEO(最高経営責任者)にとってのメリット CIO(最高情報責任者)にとってのメリット

コンピュータが既に感染しており、システムコールに応答しない場合でも、DOS 386用のDr.Webアンチウィルススキャナは、コンピュータを元に戻すことができます。 ウィルスに対する優れた耐性と、感染したシステムに対してのインストールもサポートされている点は、Dr.Web製品を競合他社との一線を画します。 Dr.Webスキャナは、CDやリムーバブルドライブなどからインストールせずに実行することもできます。

デフォルト設定

デフォルトでは、メインメモリ、スタートアップファイル、ブートセクタ、アーカイブやパックファイル、メールプログラムのファイル、およびチェック対象のディレクトリのサブディレクトリ内のファイルがスキャンされます。スキャナの起動時にユーザによって無効にされない限り、ヒューリスティック解析も実行されます。 ただし、デフォルトのスキャナ設定には、感染ファイルまたは疑わしいファイルに対して修復を含む処理は指定されていません。

コマンドラインオプション

コマンドラインオプションは、プログラムの設定を管理するために使用されます。オプションが指定されていない場合は、起動後に設定がが変更されない限り、デフォルト設定を使用してスキャンが実行されます。 Dr.Webコンソールスキャナには、スキャン、診断、アクションおよびインターフェイス設定など、プログラムのパフォーマンスに影響を及ぼす、いくつかのグループに分けられたオプションが多数あります。 スキャンを実行すると、スキャン対象のリストとともに、現在のセッションに対してスキャナをチューニングすることができます。 すべてのハードディスク、指定したディスク、ディレクトリ、サブディレクトリ内のファイルをスキャンできます。

柔軟な設定

我々が提供するデフォルト設定は最適ですが、一部のユーザーにとってはその要求を満たすことができない場合もあります。Dr.Webコンソールスキャナでは、設定ファイルに保存されている設定を変更できます。 一部のパラメータは、プログラムの構成ファイルでのみ指定できます。チューニング中に頻繁に発生するパラメータをスキップすると、デフォルトのパラメータが使用されます。

スキャン統計

スキャンが完了すると、チェックされたオブジェクト、修復されたオブジェクト、移動したオブジェクト、削除されたオブジェクト、疑わしいオブジェクト、スキャンの時間と速度に関するレポートが生成されます。

セットアップオプション

我々が提供するデフォルト設定は最適ですが、一部のユーザーにとってはその要求を満たすことができない場合もあります。Dr.Webコンソールスキャナでは、設定ファイルに保存されている設定を変更できます。 一部のパラメータは、プログラムの構成ファイルでのみ指定できます。チューニング中に頻繁に発生するパラメータをスキップすると、デフォルトのパラメータが使用されます。

CEO(最高経営責任者)にとってのメリット CIO(最高情報責任者)にとってのメリット

製品について

テクノロジー

その他の情報

製品

SMB向けバンドル

アンチウイルスサービス

修復ユーティリティ

ITサービスプロバイダー向け

サービス